売却も戦略の一つ|塾を起業する心得|ライバルに打ち勝つ方法

塾を起業する心得|ライバルに打ち勝つ方法

売却も戦略の一つ

オフィス

タイミングを見誤らない

子会社の整理や事業の転換など、会社売却をする機会が年々増加しています。顧客ニーズの多様化や、ビジネスの変革など取り巻く環境が変化している昨今においては会社を売却することも一つの方法として考えられています。もちろん売り手の供給とともに需要もなければ会社売却は成立しません。そのため需要と供給のタイミングをとらえることが最も大事なポイントになります。会社売却をするためにはその意思決定を確固たるものにしておく必要があります。売れればいいなという希望的観測では真剣に買う事を検討している企業に失礼に当たりますし、真剣に取り合ってくれない可能性もあります。そのためしっかりとした意思を明確にして全力で会社売却活動にあたることが大事なポイントです。

弱みを把握する

そして会社を売却するにあたって重要なのが、そのタイミングです。需要と供給のバランスを鑑みると需要が多い時期に売却を決断すると価格を高く売却することが可能になります。しかし需要が少ない時期では、活動がうまくいかない可能性も高い他、売却価格も低くなってしまいます。会社売却も利益を出す一つのチャンスとしてとらえるのであれば、売却の時期を間違わない余殃に行う事が大事なポイントになります。そして会社の強みと弱みをしっかりとつかんでおくことが必要になります。会社売却はプレゼンテーションを行う機会が多くなっています。その場面で良いことばかりを並べても信憑性はありません。そのため弱みや弱点もしっかりと伝えることができることが大事なのです。