開業しやすい|塾を起業する心得|ライバルに打ち勝つ方法

塾を起業する心得|ライバルに打ち勝つ方法

開業しやすい

レストラン

チャンスは誰にでも

飲食店すなわち、外食産業の市場規模はここ数年横ばいとなっています。飲食店は、個人経営のアットホームなお店から、大手のチェーン店までさまざまな業態があります。その中で、大手チェーン店の占める割合は市場全体の約3割で、まだ寡占化が進んでいないというという特徴があります。このことから、後発企業でも経営方法次第で、独自のアイデアやノウハウを生かし、市場シェアを獲得できるチャンスがあります。飲食店は開業時、特別なスキルや資格が不問で、誰にでも始めやすいという特徴があります。また、他の業界に比べ仕入れ先の開拓に労力が少なく、開業のハードルが低いのです。少しでも料理の腕前があれば、開業できます。飲食店の経営スタイルは、こちらから営業をかけるのではなく、お客様を待つスタイルなので、また来たくなるメニューを開発すると強みになります。

お店のコンセプトを決める

売り上げを伸ばすための、戦略方法はさまざまです。経営者はまず、お客様目線に立った考え方を持っておきたいです。お客様は食事に出かける前に、訪問したいお店のホームページや口コミを参考にする傾向が強いです。そのため、ホームページに料理の写真や価格を明示しておくと、お客様にとってそのお店のイメージが、よりつかみやすくなります。さらに、割引クーポンや料理1品無料券を掲載しておくことで、お客様の心を掴みやすくなります。経営するにあたり、キッズデーやレディースデーなども設けておくと、顧客満足度が高まります。そして、飲食店ではお店のコンセプトを決めることが重要です。コンセプトとは、そのお店ならではの個性です。コンセプトが確立しているお店では、リピーターや常連客を獲得しやすい傾向があります。そして、競合する他社との差別化を図り、お店の売り上げを安定させるメリットに繋がるのです。ちなみに、飲食店の経営をサポートしてくれる会社もありますので、経営について困っていることがあれば、そういった会社に相談してみるという方法もあります。